産婦人科

みなさんの母乳育児を支援したい。みなさんの幸せな育児を支援したい。

 私たちが大切にしていることは、妊婦さんに安心と希望を感じてもらうこと、安全かつ適切な分娩となるよう支援すること、妊婦さんの要望を誠実に受け止めること、母乳育児を支援すること、です。
 妊婦さんの要望で最も多いものの一つは、母乳育児です。母乳で育てたい、という妊婦さんはとても多くいらっしゃいます。母乳育児にはたくさんのメリットがあることが知られています。例えば、母乳育児は母と子の絆を強くします。赤ちゃんの顔をみつめたり、赤ちゃんに微笑みかけたり、声をかけたり、赤ちゃんを触ったり、といったお母さんの愛着行動が増加します。母親からのたくさんの愛着行動で、赤ちゃんは自分が愛されて、守られていることを実感します。赤ちゃんは自分のサインに母親が応えてくれることを学びます。こうして、人間としての基本的信頼感を育んでいきます。
 母乳育児を希望される方には、母乳育児ができてほしい。妊婦さんと私たちの願いは同じです。ただ、母乳育児がうまくいくためには、ちょっとしたコツ必要です。そのコツをまとめたものが、「母乳育児成功のための10か条」です。これは世界保健機関とユニセフが共同声明という形で、1989年に発表しました。当院はこの10か条を遵守し、母乳育児を実践、支援、普及に取り組んでいます。その実績が認められ、2013年に「赤ちゃんにやさしい病院」の認定をいただきました。
 私たちの持てる知識やスキルを存分に活用し、みなさんの母乳育児を支援したい。みなさんの幸せな育児を支援したい。そう考えています。

部長 青山 和史

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 山梨大学(婦人科)
鈴木すずき 靖子やすこ(産科)
小澤おざわ 梨紗子りさこ(婦人科)
青山あおやま 和史かずふみ(産科)
青山あおやま 和史かずふみ(婦人科)
高安たかやす 義弘よしひろ(産科)
吉澤よしざわ とおる(婦人科)
高安たかやす 義弘よしひろ(産科)
鈴木すずき 靖子やすこ(婦人科)
小澤おざわ 梨紗子りさこ(産科)

医師紹介

青山 和史

あおやま かずふみ

役職 産婦人科部長
専門領域 産婦人科一般
経歴 名古屋市立大学付属病院、名古屋市立緑市民病院にて産婦人科研修。平成20年11月当院産婦人科勤務。平成22年4月より現職。
所属学会
認定医など
日本産科婦人科学会(専門医・指導医)
日本母乳の会
ALSOインストラクター
学歴 平成10年 名古屋市立大学卒

吉澤 徹

よしざわ とおる

役職 院長
専門領域 産婦人科一般 一般内科
経歴 信州大学付属病院にて産婦人科研修。その後厚生連北信総合病院、佐久総合病院、信州大学産婦人科勤務を経て平成8年より諏訪中央病院勤務。
所属学会
認定医など
日本産婦人科学会(専門医)
日本内科学会(総合内科専門医)
日本糖尿病学会
日本プライマリ・ケア連合学会(認定医)
日本人間ドック学会(認定医)
日本集団災害医療学会
学歴 平成元年 佐賀医科大学卒

鈴木 靖子

すずき やすこ

役職 産婦人科部長
専門領域 産婦人科一般
経歴 横浜市立大学産婦人科に入局後、大学および関連病院にて勤務。平成22年から伊東市民病院にて勤務。平成28年4月より現職。
所属学会
認定医など
日本産科婦人科学会(専門医)
日本遺伝カウンセリング学会(臨床遺伝専門医)
母体保護法指定医
日本医師会認定健康スポーツ医
臨床修練指導医
学歴 平成13年 信州大学卒

小澤 梨紗子

おざわ りさこ

役職 産婦人科医師
専門領域 産婦人科 全般
経歴 洛和会音羽病院にて初期臨床研修。聖路加国際病院での勤務を経て、平成29年4月より現職。
所属学会
認定医など
日本産婦人科学会
婦人科腫瘍学会
日本産婦人科内視鏡学会
学歴 平成24年 東京医科歯科大学卒

南川 浩彦

みなかわ ひろひこ

役職 産婦人科医師
経歴 平成27年4月より現職。
所属学会
認定医など
日本産婦人科学会
認定産業医
学歴 平成20年 大阪市立大学卒

体制・実績等

運営体制 周産期カンファレンス 週1回
CTGモニタリング勉強会 週1回
抄読会 週1回
母乳育児勉強会 週1回
周産期勉強会(シミュレーション基盤型) 月1回
教育・研修体制 分娩、手術はシミュレーション研修の上、実務指導。
抄読会を月1回ほどのペースで担当。
その他、病院全体での勉強会(医療安全、感染症、医療倫理、人材育成ワークショップ、救急診療、外傷、CPC、M&Mカンファレンスなど)は自由参加。
学会発表、論文作成も積極的に取り組んでもらう。
認定・資格 青山 和史 日本産科婦人科学会専門医・指導医、医学博士、母体保護法指定医師
吉澤 徹 日本産科婦人科学会専門医
鈴木 靖子 日本産科婦人科学会専門医、日本遺伝カウンセリング学会(臨床遺伝専門医)、母体保護法指定医師、日本医師会認定健康スポーツ医
実績
分娩 300件(帝王切開率16%)
主な手術 腹腔鏡手術、子宮鏡手術、帝王切開、円錐切除、開腹手術(子宮全摘など)、腟式手術(骨盤臓器脱など)
行なっていない処置・手術:高度生殖医療(体外受精胚移植など)
学会発表 1-2回/年
論文発表 1-2本/年
その他 当院のお産については、こちらのページもご覧ください。当院の出産の特徴

このページの先頭へ