リウマチ 膠原病内科

早期診断、治療することで寛解を目指す

関節リウマチをはじめとして、膠原病全般の診療を行っております。
膠原病とは「何らかの原因で自己の免疫が異常を来たし、多くの臓器に炎症を持続的に起こす病気」で、体の節々の痛みや腫れ、発熱、皮疹など多彩な症状を来します。
診断を確定させる検査はなく、詳細な診察、検査、経過を観察することが重要です。
障害される臓器が多岐にわたることが多く、横断的診療で得意とする総合診療科や様々な専門科と連携して診療を行っています。
関節リウマチは近年、生物学的製剤などの出現で治療法が進歩し、早期診断、治療することで寛解(症状が軽減もしくは見かけ上消滅した状態)が目指せるようになりました。一方、薬の副作用や治療費用の問題もあります。各科、他職種と常に連携し、患者さんを支えています。

医長 蓑田 正祐

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 村中むらなか 清春きよはる 村中むらなか 清春きよはる 蓑田みのだ 正祐まさひろ
須田すだ 万勢ませい(第1、第3)
蓑田みのだ 正祐まさひろ

は予約診療、は紹介患者さんの診療となります。

医師紹介

蓑田 正祐

みのだ まさひろ

役職 リウマチ・膠原病内科医長
経歴 市立堺病院にて初期研修。諏訪中央病院にて内科後期研修・内科総合診療部勤務ののち、平成24年から亀田総合病院リウマチ膠原病内科にて後期研修。平成27年4月より現職。
所属学会
認定医など
日本内科学会(認定医) 日本リウマチ学会(専門医)
学歴 平成18年 関西医科大学卒

体制・実績等

運営体制 膠原病ミーティング(隔週)
膠原病症例コンサルテーション(3ヶ月毎)  聖路加国際病院リウマチ膠原病センター 岡田正人先生、岸本暢将先生

このページの先頭へ