技術部

技術的あるいは機能的専門能力を発揮しチーム医療に貢献

諏訪中央病院技術部は、中央検査科、放射線科、臨床工学科、リハビリテーション科、栄養科の5科からなり、歯科口腔外科、眼科に所属する技士も含み構成されています。
それぞれの職種としては、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、歯科衛生士、視能訓練士など多くの専門職種が連携して、チーム医療が充実できるよう努力しています。
技術部では、「私たちは、医療技術と専門知識を統合させ、他職種との連携を図りながら安全で精度の高い臨床技術を提供いたします」を基本理念としています。
近年、医療の質や安全について関心が高まっていますが、複雑な医療機器に依存する手術や、精密な診断・治療を要する疾患の増加などから、制度の高い検査や画像診断、患者指導やリハビリなど専門家集団である技術部の充実は必要不可欠です。
中央検査科では、血液や尿などの検体検査、病理、細菌、輸血、生理検査(超音波検査・心電図)を行う、臨床検査技師が「検査なくして診療なし」を志に検査業務を行っています。
診療放射線科は、放射線技師が一般撮影、血管造影検査、CT,MRIなど画像診断に欠かせない臨床業務を行い病気の診断に大きく関わっています。
臨床工学科では、臨床工学技士が医療機器管理や血液透析、心臓カテーテル検査、補助循環、ペースメーカ、高気圧酸素療法など臨床補助業務に携わっています。
手術室やICUでは高度医療機器の管理をはじめ、急性血液浄化による各臓器の補助治療や人工呼吸器など生命維持管理装置の設定や操作を行い、安全に治療ができるよう重要な役割を担っています。
リハビリテーション科では、障害を持った方の機能回復や社会復帰のお手伝いのため、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が医師や看護師とチームを組んで機能回復や嚥下リハビリを行い、整形外科医や脳外科医の片腕として活躍しています。
また、在宅における訪問リハビリにも取り組み地域の方々から期待を寄せられています。
栄養科では、管理栄養士が入院患者一人ひとりの栄養状態を把握して、病気がより早く回復するための食事計画や生活習慣病などの栄養管理指導を行い合併症の予防などに積極的に取り組み各疾患治療に応じた栄養サポートを行っています。
さらに、喫食2時間前を実施するため厨房では調理師が腕をふるって調理しています。
歯科衛生士は歯科口腔外科医の診療補助と入院患者さんの口腔ケア指導などを行っています。
手術後の患者さんや高齢者・人工呼吸器を付けた患者さんは、誤嚥による肺炎を併発し重傷化します。その予防として口腔ケアはとても大切なことで、病院歯科診療と予防歯科診療支援を行いながら、介護施設にも出向き利用者さんの口腔ケア指導も行っています。
視能訓練士は、目に関する検査や視力機能を回復するための訓練を行います。
眼科領域の専門家であり、視能訓練士の検査結果をもとに眼科医は治療を行います。
技術部は、それぞれの職種は異なりますが、地域の方々が元気でいられることを望み、医療技術者としての質の向上、病院事業への貢献、患者サービス向上に努め、「やさしく、あたたかい、たしかな医療をめざす」ために、技術的あるいは機能的専門能力を発揮しチーム医療に貢献していきたいと思います。

部長 濵 一広

医療従事者・スタッフ紹介

濵 一広

はま かずひろ

役職 技術部長

牛山 英俊

役職 副技術部長 中央検査科長

このページの先頭へ