栄養科

医師・看護師・その他の医療技術者と協力しチーム医療の一員として

医師、看護師など他の医療スタッフと連携を取りながら、患者さんに満足していただける栄養・食事管理に努めています。
・管理栄養士による病棟訪問を積極的に実施し、患者さんの状態を把握するとともに、患者さんの声を反映し具体的な取組へ繋げます。
・医師の指示のもと栄養食事指導を随時行っております。患者さんやご家族が実践できる指導内容となるように心がけ実施しています。

技師長 熊木小枝子

医療従事者・スタッフ紹介

熊木 小枝子

くまき さえこ

役職 栄養科技師長

体制・実績等

職種 管理栄養士 栄養士 調理師 調理員
スタッフ数 管理栄養士 8名
栄養士   1名
調理師   11名
調理員   10名
運営体制 栄養・食事面から治療に貢献できるように、給食管理・栄養管理・栄養教育の業務を遂行しています。
方針 医師の指示に基づき、患者さんひとりひとりの病状や症状にあわせた安全でおいしい食事の提供
患者さんへ栄養食事指導、栄養管理を積極的に推進
教育・研修体制 日本糖尿病療養指導士、栄養サポートチーム専門療養士、病院調理師などの認定資格を取得し、より質の高い医療の提供に努めます。
認定・資格 日本糖尿病療養指導士
栄養サポートチーム専門療養士
病院調理師
勤務体制 全面直営で運営しております。
管理栄養士 6:45~18:30までの3交替勤務
栄養士・調理師・調理員 3:45~21:30までの4交替勤務
実績
26年度に限らず
その他 ①食事の提供
  • 医師の指示に基づき、患者さんひとりひとりの病気や症状にあわせた食事を、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく適温で提供しています。
  • 配膳時間

朝食 8:00 昼食 12:00 夕食 18:00

  • 食事の種類
一般の患者さんには年代別に、食事療法の指示がある患者さんには病態別(糖尿病食・高血圧食・潰瘍食・腎臓病食など)に、消化管手術後の患者さんには術後食、咀嚼や嚥下がうまく機能しない患者さんには嚥下調整食などを提供しています。
  • 平日の昼食には、一部の食種を除き選択メニューを実施しています。
  • できる限りご希望に添えるように、嗜好や主食の種類や分量、食事形態、食器の選択なと個別の対応をさせていただきます。
  • 入院中でも季節や祝祭日を感じることができるように、行事食を積極的に取り入れています。
②栄養管理
  • 入院患者さん一人一人に栄養管理計画書を作成し、栄養状態の維持や改善にむけた食事内容の検討や変更を行っています。
  • 管理栄養士は、多職種協働で組織されている栄養サポートチーム(NST)・透析予防チーム・糖尿病教室チーム・摂食嚥下チームに所属し各病態に応じた栄養管理を行っています。
③栄養食事指導
  • 当院に通院されている患者さん及び入院されている患者さんを対象に、栄養食事指導を行っています。ご希望の方は、主治医までお申し出ください。
④糖尿病教室
月に一回、入院コースで実施しています。医師、看護師、検査技師、理学療法士、歯科衛生士、管理栄養士などそれぞれのスタッフが講師を努めます。食事療法では、実際にご自分の茶碗にご飯や玄米などの計量を行い、医師を交えた食事会を行います。

このページの先頭へ