神経内科

病気と共に暮らしていくために

脳卒中(脳梗塞・脳出血)、認知症、てんかん、パーキンソン病、頭痛などの他、多くの神経難病(筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、重症筋無力症など)を診るのが神経内科になります。
精神科や神経科、心療内科などとよく誤解・混同されますが、精神科や神経科、心療内科で扱う疾患が、気分の変化や精神的な問題が元になり体に異常をきたす疾患であるのに対し、神経内科で扱う疾患は、脳や脊髄、神経、筋肉そのものに病気があり、体が不自由になるものです。
患者さんご本人の他、患者さんをよく知るご家族からお話を伺い、実際に見て触るという古典的な診察が神経内科の診察では欠かせないため、ご家族と共に受診していただければ幸いです。
神経内科疾患には、まだまだ治せない疾患も多いため、『治す』のみならず『どのように暮らしていくのか?』を一緒に考えるお手伝いができればと、診療にあたっております。

医長 林 大吾

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 渡辺わたなべ 慶介けいすけ はやし 大吾だいご - はやし 大吾だいご 渡辺わたなべ 慶介けいすけ
午後 - - - - はやし 大吾だいご

は予約診療、は紹介患者さんの診療となります。

医師紹介

林 大吾

はやし だいご

役職 神経内科医長
専門領域 神経内科一般
経歴 昭和大学病院にて初期研修。昭和大学医学部内科学講座神経内科学部門、関東労災病院、富士吉田市立病院などで勤務。平成28年4月より現職。医学博士。
所属学会
認定医など
日本内科学会(認定内科医)
日本神経学会(神経内科専門医)
日本神経治療学会
日本神経感染症学会
日本パーキンソン病・運動障害疾患学会
日本てんかん学会
学歴 平成18年 昭和大学卒

渡辺 慶介

わたなべ けいすけ

役職 神経内科医長
専門領域 神経内科一般、神経電気生理(神経伝導検査・針筋電図等)、末梢神経疾患
経歴 諏訪赤十字病院、諏訪中央病院にて臨床研修。千葉大学医学部附属病院・成田赤十字病院にて神経内科領域の研鑽を積み、平成29年4月より現職。医学博士(千葉大学大学院)
所属学会
認定医など
日本内科学会(認定医)
日本神経学会(専門医)
日本臨床神経生理学会(専門医 筋電図分野)
日本末梢神経学会
学歴 平成18年 信州大学卒

体制・実績等

運営体制 常勤医:林 大吾(神経内科専門医)
    渡辺慶介(神経内科専門医)
神経内科専門外来
 初診:月、火、木、金曜日午前
 再診:第1・第3金曜日午後
認定・資格 日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会認定内科医
実績 総合診療科の他、他診療科とも連係し、入院・外来診療にあたっています。

このページの先頭へ