医学生・研修生・専攻医のみなさまへ

初期研修プログラム   基幹型臨床研修病院

初期研修のご紹介[PDF]

初期臨床研修プログラム[PDF]

初期研修プログラム 年次報告[PDF]

プログラム責任者より

「八ヶ岳の裾野のように幅広い臨床力をもつ医師を育てる。」この理念を達成するため、患者さんの病の経過により添う機会を持ち、何をしなければならないかを考えることが大切です。救急で出会った患者さんの担当医となり、集中治療室や一般病棟で加療をし、回復期リハビリ病棟で回復過程の寄り添い、退院後は往診に同行し患者さんの日常生活に接する。このことが可能な環境の中で幅広い臨床力をもつ医師が育っていると思います。

研修委員長 蓑田正祐

研修医の声

当院には、セロリ農家や工場勤務者、はたまた都会から来た別荘地の方、観光客の方など様々な患者さんが来ます。
研修医は救急外来で診た患者さんをローテ科(内科のみ)に持ち帰って上級医と相談しながら入院で診て、治療をして、退院調整を他職種や家族と協力して行えます。
「先生はどうしたいの?」を常に問われます。そして患者さんや家族と話し合い、医療スタッフと話し合い、その患者さんの方針を最善にするよう努めるのです。
そしてここには教え、教えられる文化があります。様々なバックグラウンドを持った医師やコメディカル、また院外の講師から学ぶ機会があり、同期や後輩、学生に教える場面もあります。時には後輩や学生から学ばせてもらうこともあります。自分を俯瞰する振り返りという時間も設けられていて、病院全体で研修医を育てようという雰囲気をひしひしと感じます。
もしよければ是非一度見学に来て、当院の雰囲気を味わってみてください。

病院見学・実習・採用のご案内


お問い合わせ先

医学生、研修医、専攻医、修了者のみなさまのお問い合わせ

〒391-8503 長野県茅野市玉川4300番地  0266-72-1000(代表)  FAX.0266-72-4120

このページの先頭へ